タンパク質摂取にベストは発がん性のある肉ではない

タンパク質の摂取源として
普通のトレーナーやジムでは
「タンパク質は肉🍖を摂りましょう!」
とお勧めされることが多いようです。

 

分厚い牛ステーキをSNSなどで載せているトレーナーも沢山います。

 

しかしレッドミートと呼ばれる赤肉(牛・豚・羊など)には発がん性の恐れがあると
国際がん研究組織(IARC)は判定しています。
※元記事はこちら⇒国立がん研究センター

 

治療家トレーナーは本当の健康をお伝えする必要があります。
目先の筋肉よりも、本当に健康なのか?
という視点を持ちたいところです。

 

治療家トレーナーとしてのアドバイスは
「タンパク質を摂るベスト3は魚介(オメガ3)、大豆、鶏肉(ホワイトミート)です。」
とお伝えしましょう。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事