痛みがある時にお酒を飲むのは⭕️か❌か?

昨日いらしたギックリ腰の新規さんは、
痛みを感じにくくするためにお酒を飲んだと言っていました。

 

確かにお酒は脳の機能を低下させ、痛みを感じにくくさせます。

腰痛

 

しかしお酒により炎症が増強され、痛みが強くなります!

また飲酒後には、反動で血管が収縮して痛みを増やすこともあります!

 

さらにお酒の利尿作用により(とくにビール)体は水分を失います💧
筋肉の約75%は水分なので、水分を失うことで筋肉の修復は低下します。

 

大会やレース後👟の打ち上げで飲み過ぎることは

気持ち的にはよくわかりますが

身体的には良くないんです。

 

アルコール、お酒、禁酒

 

💧お酒と水分
お酒の利尿作用により(とくにビール)体は水分を失います。
筋肉の約75%は水分なので、水分を失うと筋肉の修復は低下します。

 

☠️骨にとってのお酒
お酒はカルシウムの吸収を妨げ、さらに余分に排泄させてしまいます。
カルシウムは骨や筋肉にとって重要であり、
飲酒によって骨や筋肉の修復が遅くなります。

 

🙌回復
さらに本来回復に使われるべきエネルギー(酵素など)が、
アルコール分解のために使われてしまうため、
必要なエネルギーが足りなくなって疲労や怪我が治りにくくなります。

 

このように、ケガをしたときや痛みがあるときの飲酒は良いことがありません。
せめて患部と肝臓を休ませてあげてください。

 

アスリートなら
お酒を飲む時間があるなら、ストレッチをした方がよっぽど痛みは取れますよ。

 

★積極的に摂りたいもの
炎症を抑える作用のオメガ3脂肪酸である
青魚、エゴマ油、アマニ油、くるみ、ナッツなどです!

オメガ3、ω-3、n-3、脂肪酸

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事